働き方

リゾートバイトは危ない?やめとけ・危険と言われる理由とブラックな勤務先を回避する方法まで

北海道のスキー場や沖縄のビーチなど、観光地で働ける「リゾートバイト」があります。

自分の好きな場所を選んで好きな日数働けるなんて、なんだかすごく魅力的ですよね!

しかし、実際に調べてみると「危険」「やめとけ」「ブラック」などネガティブなワードが出てきたり...。

人に相談してみても、あまり良い噂を聞いたことがないという意見を耳にしたこともあります。

今回は、そんなネガティブなイメージのリゾートバイトの実態を調べてみました。

「リゾートバイト」=「危険」の印象ですが、それを覆す“参加するメリット”も沢山あるので、リゾートバイトに興味があり、不安や疑問を抱えている人にとって、少しでも参考になれば嬉しいです。

リゾートバイトが危ないと言われる理由5選

リゾートバイトは、見ず知らずの場所に行き、いきなり住み込みで働くことになります。

リゾートバイトという見ず知らずの地では生活環境が大幅に変わることがあります。

生活環境が変わるため、分からないことが多すぎて「危ない」というイメージを持たれることが多いようです。

実際に行ってみないと分からないことがほとんどで、行ってみてから「思っていたのと違う」「怖い思いをした」などと言って、参加者によってはネガティブなイメージを持たれることもあります。

しかし、そのようなギャップを最小限にするためにも事前に対策できる方法があります。

リゾートバイトが危ないと言われる理由とそれらを回避する方法や注意点をお伝えしますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

夜道が危険だから | 遅い時間の退勤が多い

リゾートバイトでは、旅館や寮に宿泊し、働くことが多いです。

そのため、退勤時間が22時以降や深夜と遅くなることも珍しくありません。

勤務地と宿泊地の距離が離れ、人通りの少ない道を10〜20分歩くのは怖いですよね。

また、バイト先が山奥にあると、夏は蚊の心配もありますが、鹿や熊などの野生動物に出くわす危険性もあります。

なるべく働く施設と宿泊先が近いほうが、危険を感じることが少ないのでおすすめです!

宿泊地と施設が遠い場合でも、街灯や舗装された道もあります。 宿泊地が遠いけど、働いてみたい場合は相談してみるのもアリです。

労働時間が長く仕事をきつく感じるから

リゾートバイトに以下のイメージを持っている方は多いのではないでしょうか?

  • 労働時間が長い
  • 仕事内容が思っていたのと違った、キツイ
  • 気温が(寒くて/暑くて)大変

といった点が挙げられます。

しかし、実際のところどんな仕事も大変で、楽な仕事なんてありません

反対に「稼ぎたい」という気持ちで来た人にとって、労働時間が長いことはがっつり稼ぐことができ良いことになりますよね。

これまでやったことのない仕事に挑戦して、経験してみることもおすすめです。 どんな仕事内容なのか、しっかりと調べて応募することも大切ですね。

 寮が汚く虫が出るから

リゾートバイトのメリットでもある住み込みで働く「寮」に関して、いくつか良くない理由があります。

  • 綺麗に掃除されておらず汚い
  • 山の中で虫が出る
  • 見せてもらっていた写真と違う
  • 家具/家電がない

などの点が挙げられます。

寮によっては共用のスペースもあったり、備品の位置や管理が必要となりトラブルになってしまうケースもあります。

生活する場所は気になってしまいますが、ホテルのようなイメージではないことを念頭に置いておきましょう。

事前に寮についても、しっかりと調べておくことが大切です。 臨機応変に対応していくのも、学べるスキルの一つですね。

相部屋の場合盗難被害のリスクがあるから

相部屋の場合には貴重品の管理は徹底して、盗難被害のリスクに備えなければいけません。

相部屋では、鍵が一つしかないことがあり、もう一人が帰ってこない場合は帰るまで待ったり、開けっ放しで出かけたり、そんなことも珍しくありません。

鍵をかけていないと知った他人が、もしかすると勝手に侵入する可能性もあります。

辛い思いをしない為にも、自分の貴重品の管理は徹底し、盗難被害のリスクに備えましょう。

できる限り個室を選ぶ、相部屋でも必ず鍵をかける、高価なものや大金を持って行かないなど自衛することも大切です。

パワハラ・セクハラの可能性があるから

期間の決まったリゾートバイトでは、「すぐに帰るから」といった理由で、仕事をあまり教えてもらえなかったり、かといってミスをすると怒鳴られたりするパワハラのリスクがあります。

また、新しく募集した施設だと、マニュアルが作成されておらず、対応を雑にされる場合もあります。

お酒を提供する店では、酔っぱらった客にセクハラを受ける可能性もゼロではありません。

しかし、パワハラやセクハラは、リゾートバイトに限らず、どんな仕事でも起こり得ることでもあります。

職場の上司に話しづらいことは、担当者が仲介してくれるので躊躇わず相談してみましょう。

リゾートバイトは一人で参加しても大丈夫!

これまでの「リゾートバイトは危ない」という理由に関してあまり良いイメージではなかったので、まだまだ不安や疑問がある方もいるかも知れません。

特に、リゾートバイト初心者だと知らない土地で知らない人たちと働くこと、ある期間住み込みで働くイメージを持ちづらいなど、一歩踏み込むことにかなりの勇気が必要ですよね。

しかし、リゾートバイトは、男女の寮はきちんと分かれていたり、個室タイプの寮だったり、施設と寮が遠いと送迎があったりと、環境が整っている場合がほとんどです。

派遣会社を通して働くことになると担当のスタッフがいるので、もしも人間関係や仕事のことで悩みがあれば、相談することもできます。

リゾートバイトは一人参加が圧倒的に多い!

リゾートバイトは、ビーチやスキー場の仕事があり、学生や若者がグループで参加するイメージを持たれがちですが、実際にリゾートバイトに参加する人たちのうち、一人で参加している人が圧倒的に多いことがわかりました。

リゾバ.comのリサーチによると、全体の男女比は1:1、学生で一人で参加している人は、割合の半分でした。

学生以外で一人で参加している人は、全体の約9割であることがわかりました。

更に、年齢層に関しても、10代・20代・30代が8割を占めていますが、視点を変えると、5人に1人が40代ということになります。

女性一人で参加しているのもリゾートバイトの魅力!

ここで、一人でリゾートバイトに参加した方の体験談をご紹介します。

最初は1人で行くことが不安でした。ただ、実際に参加してみて感じたのは「1人で大正解!」ってことです。追い込まれている状況なので、自然と人間関係を築こうとがんばれちゃうんですよね!同年代のスタッフの他にちょっと年上のスタッフなど幅広い人がいるので、お客様へのマナーや目上の人への接し方だけではなく、寮生活を通じて掃除・洗濯・料理などの知識も教えてもらいました(笑)様々な出会いを通じて大人力がUPできるのもリゾバの魅力です! (20代女性)

リゾバ.comより引用)

一人でリゾートバイトに参加するメリット

ここまでで、リゾートバイトはグループでの参加イメージがありましたが、リサーチの結果からほとんどの人が一人で参加されているので、一人で応募する不安は解消されてきたのではないでしょうか!

知ってる人と応募して一緒に働くことの安心感もありますが、体験談のお話からも一人でリゾートバイトに参加するからこそのメリットもあります。

意外と知られていなかった具体的なメリットもあったのでまとめてみました。

グループ応募に比べて案件数が多い

リゾートバイトの案件は、スキー場やビーチなどのレジャー施設で大量募集をしているところもあれば、旅館や宿泊施設、店舗などの少数募集をしているところもあります。

その為、中にはグループ応募を受け入れていない案件もあり、グループ参加に絞った場合、職場や仕事内容に制限がでてきて、選択肢が狭くなってしまうことも多くあります。

一方で、一人で応募する時はその制限がないので、自分に合った求人をじっくりと選んで決めることができます。

リゾートバイトで新しい仲間ができる

リゾートバイトは異なる地域から異なる属性の方が参加しています。

なかには、普段生活していると出会うことのできないようなバックグラウンドを持った仲間と出会える良い機会かもしません。

友達と参加することも良いですが、参加中も一緒にいて、他の人と関わり新しい仲間をつくる機会を失ってしまうかもしれません。

先述したように、一人で参加すると自然と自らコミュニケーションを取り、人間関係を築こうという環境になります。

リゾートバイトに行く前から、そういった目的を持って参加するのも良いでしょう。

隙間時間でリゾートを観光できる

働く場所が観光地であることが多いリゾートバイトは、滞在先の周辺も観光地となっていることが多くあります。

スキー場やビーチのリゾート地が多いリゾートバイトでは、仕事が休みの日になると、すぐに観光に出かけられることも大きなメリットですよね!

旅館などの勤務先では、温泉街を巡ることで仕事の疲れをリフレッシュすることもできます。

このメリットは一人参加ならではという訳ではありませんが、周りのことを気にせず自分だけのプランを立てて自由に観光を満喫できる点では良いかもしれません。

リゾートバイトで安心して働くために!危ない勤務先の回避方法

リゾートバイトは、「危ない」から“多くのメリットがあること”に印象が変わってきたのではないでしょうか!

少しは一人で参加することへの不安も解消され、一人応募へのハードルも低くなってきたと思います。

一人応募へのハードルも下がり、参加のメリットもわかってきたところで、改めて安心して働くために危ないかもしれない勤務先の回避方法についてお伝えしますので、しっかりと覚えておいてくださいね。

働いている人の年齢層や地域を確認しておく

全体の比率は先述した通り、男女比は1:1ですが、職場によっては偏りがあるところもあります。

事前にしっかりと調べずに応募してしまうと、行ってみてから自分の想像と違っていたり、自分と合わずに苦労してしまうリスクも考えられるため、入念な下調べと職場選びは非常に重要となってきます

職場の環境は求人情報の掲載だけではわからない部分も多くあるので、より詳しい情報を得るために、経験豊富な紹介会社のスタッフに聞くようにしましょう。

また、地方のスキー場や旅館などは、近くにスーパーやコンビニがない場合もあります。

求人案件だけでなく、施設や寮、周辺地域の情報も事前に確認しておくと良いでしょう。

リゾートバイトで働く理由の順位付けをする

リゾートバイトは、一定期間の契約ですぐに辞めることは難しいです。

そこで、何のために働くのか、自分の働く理由に順位付けをして考える方法があります。

「お金を稼ぐため」、「観光地でバイト経験を積みたい」、「これまでの環境を変えて働いてみたい」など目的は人それぞれだと思います。

具体的に条件を挙げてみると、

  • 仕事内容
  • 勤務地
  • 勤務時間
  • 宿泊地の環境
  • 給料

などがあります。

条件を確認しながら、何が最優先なのか、どれなら譲れるのかなど、じっくりと考えて決めていってください。

迷った時はスタッフに相談できるのも忘れないでくださいね。

業界大手の信頼できる会社を選ぶ

リゾートバイトで働くための第一歩は、リゾートバイトの会社に登録することから始まります。

危ないリゾートバイトを回避するために、経験豊富で信頼できる会社を利用することが重要です。

評判が良く、十分な実績がある業界に特化した会社は、求人情報にも詳しく、サポート体制がしっかりしています。

また、不安なことや疑問点、トラブルがあった時も、これまで多くの参加者を派遣してきたノウハウがあるので、安心して相談ができます。

リゾートバイトの派遣会社は多くありますが、安心して働くために、業界大手の信頼できる会社を選びましょう

リゾートバイトで働くなら!業界No.1のリゾバ.com

(引用:リゾバ.com公式HP)

業界大手の信頼できる会社とは、ズバリ『業界No.1のリゾバ.com』です!

全国各地からの求人情報が掲載され、おなじみの北海道のスキー場から沖縄のビーチ、秘境の温泉旅館や有名なホテルまで、全国の観光地で働けるチャンスがあります。

他の派遣会社と比べて約1週間の短期間から3ヶ月以上の長期間まで選択肢があり、一人参加だけでなく、カップルや夫婦で参加できる求人もあり、選ぶ楽しさがあります。

基本的に食費や光熱費、家賃などが無料で、生活費を節約しながら、お金を稼ぐことができるのも大人気の理由となります。

更に、経験豊富な担当者があなたの仕事を最後まで手厚くサポートしてくれることが最大の魅力です。

行ってみたかった憧れのリゾート地でアルバイト!【リゾバ.com】


まとめ

今回は、リゾートバイトが「やめとけ」「危険」と言われる理由とブラックな勤務先を回避する方法をご紹介しました。

ネガティブがポジティブな印象に変わり、参加するメリットも見つかったのではないでしょうか!

リゾートバイトでブラックと感じるのは、「思っていたのと違う」というギャップからきていることがほとんどです。

ギャップを最小限にする為にも、事前の下調べが最も重要です

安心してリゾートバイトをする為に、まずは業界No.1の信頼できる会社に登録することです。

リゾバ.comであなたに合った仕事を見つけ、充実したリゾートバイトを楽しんでください!

  • この記事を書いた人

momo

接客のプロ&副業ライター。航空会社に勤めながら、場所を選ばないWebライターに魅力を感じ挑戦。好奇心旺盛のAB型で思い立ったら行動してます。やるからには楽しく、全力なバイタリティ女子。今日も世界のどこかで執筆してます。

-働き方

© 2024 ホンノオトシゴ Powered by AFFINGER5