学び

敬語の基礎知識①【敬語の役割と機能】

敬語の基礎知識①

このページから、スキルアップを目的とした内容が書かれています。

スキルアップを図るには、まずはインプットが必要です。何も知らないところからのスタートは、誰もが未経験。そんな未経験が成長するには「学び・気づき」を得なければなりません。このページでは、基礎中の基礎を、完全未経験でもわかりやすいように紹介しています。

本をもとに作られているので、内容はプロレベル。一緒に成長していきましょう!

僕はオロ! スキルアップのお手伝いをしているよ! よろしくね~

 

 

敬語の基礎知識①では、敬語の基礎中の基礎を紹介していきます。敬語の重要性や、機能、役割に仕組みまで徹底解説! 社会人として絶対に身に着けておきたいノウハウが詰まっています。今さら聞けない敬語の本質をおさらいして、正しい敬語をマスターしましょう!

敬語の重要性

きちんとした言葉遣いは社会人として必要不可欠です。想像してください。ファミレスで家族でランチに行ったとします。店員「どうぞ水っす。これメニューなんで、決まったらピンポンよろしくおねしゃす! 」体育会系かよ! って突っ込みたくなりませんか? そもそもそんな店員に頼みたくないですよね。もう一つ例をあげます。

想像してください。あなたが社会人8年目のキャリアを積んでいます。新入社員「先輩、今暇ですか? この仕事わかんないんで、教えてもらえる? 」おいおい…と、結構イラつきませんか? これが敬語の重要性です。

 

 

 

 

 

 

文化庁の調査で「今後、敬語は必要である」という回答が98%まで達しています。(2016年調査)また、「きちんとした言葉遣いができていないと、社会人として認めてもらえないという雰囲気がある」と回答が75%でした。

さらに、「敬語は簡単であるべき」が26%、「敬語は伝統的な美しい日本語として、豊かな表現が大切にされるべき」が64%でした。(2015年調査)

人間関係が複雑化されている現代で、ちょっとした言葉のズレが、関係性を悪化させます。円滑なコミュニケーションをとるためにも、敬語の重要性がますます大きくなっていることが調査でわかります。

なるほどね! 僕みたいなルックスだったら許されるのかな?
敬語の役割と機能

言葉遣いの不安を解消するために、それぞれの役割と機能を確認しましょう。

対象 機能
相手を尊重したい 目上の人を立てる
相手に対して、主張する スピーチやプレゼンなどで、フォーマル感を演出
相手に対して隔てを示す 知らない人と心理的距離をとる
自分と他社の関係性を示す 上下・内外の関係を反映
行為の主体や対象を暗示する 「誰が」「誰に」を省略できる
使う人の品格や教養を示す 敬語ができると、信用のアピールになる

このことから、敬語を使う場面によって、正しい敬語が使えないと、「相手に対して失礼である」「場をわきまえていない」「幼稚だ」など、悪い印象が受け入れられてしまいます。敬語ができないと信用されない世の中です。逆を捉えると、敬語を正しく使えれば、信用を勝ち取れます。すると、言葉遣いの不安も解消されるのです。

馴れ馴れしいだけで信用を失うとは…フレンドリーはダメなのかい? 日本!
まとめ

今回の敬語の基礎基礎知識では、「敬語の重要性」と「敬語の役割と機能」を紹介しました。

敬語の重要性では、文化庁の調査をもとに、なぜ敬語を使わないといけないのかを述べましたね。自分が相手の立場になった時、その言葉遣いで大丈夫か? そう思う事が必要です。日本において、コミュニケーション能力はフレンドリーよりも、礼儀正しさが重視されがちです。相手を不快にしない言葉遣いが必要になってきます。

そして、敬語の役割と機能では、表をもとに、対象と機能がわかりました。「敬語ができない=教養がなく信用できない」につながるのは本末転倒。信用を失っては日本社会で生き抜くには厳しいです。生きにくい日本社会ですが、もがいていきましょう!

今日も成長できました! ありがとうございますっ!



  • この記事を書いた人

S17(seina)

S17と書いてせいなと読みます。よろしくお願いします。 社会に出るまで勉強も嫌い、本を読むのも苦手。すべてのジャンルにおいて知識が乏しかった凡人でした。しかし、社会に出たある日、尊敬する上司に出逢い、知識の必要さを知りました。本を読んで成長する。 今日1ページ読んで成長しませんか?

-学び

© 2022 ホンノオトシゴ Powered by AFFINGER5